FC2ブログ
ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
たったひとつの恋 第10回 最終回
たったひとつの恋 第10回 最終回

ヒロトがいるはずのない工場に向け
振られたオレンジのイガイガ
だけど、向こうでライトが光・・・
慌てて走ったナオ

ホントに、ヒロトはそこに居たけれど
その光はナオに向けられた物ではなかった。
思いの残る2人の再会が
結果として、ナオの決まった結婚をやめて
ナオの過去からの夢だった養護学校の教員に
なるために、北海道に行くことを決意します

■続きを読む >>
スポンサーサイト



テーマ:たったひとつの恋 - ジャンル:テレビ・ラジオ

早く?起きた
今日も何を思ったか目覚ましより先に目を覚ました
あ、一応かけてるさ・・・(^^;
目覚まし音の前に目を覚ますと私がどう思うかというと
やば・・・目覚ましの音聞こえなかったんだ?と思う
要するに早く起きたという感覚がある日は殆どない(^^;
だって、私が目覚ましをかけてるのはいつも同じ時間で
だから、日によって睡眠時間は変わるわけだけど
だいたい寝てから4~5時間で目覚ましが鳴る
だからね・・・この時間の前に起きるとは思ってないのよ
時計見ればわかるなないか?と思うでしょうが・・・
私は枕元にには基本的に目覚ましは置いてない
ロフトベッドの下においているので
ベッドを降りるまで 今が何時かっていうのがわからない
んですねぇ・・・
とりあえず、今日のところは起きた(^^;
そして、凄く沢山のことができたわけじゃないけど
でも、ちょっとづつ いろいろなことを進め
ちょっとづつ片付けた。
でも、年賀葉書は終わってない うう17日・・・
投函日の目標を決めるか・・・

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

Dr.コトー診療所2006 第10回
Dr.コトー診療所2006 第10回

”人として”という自分の存在

島民がすべて自分の患者であり
自分の家族的な存在であるコトーにとって
人として という行動がどれだけでき
医者として というコトーでしか
いられない部分が殆どだったのではないかと
考える回でした。

コトーから彩佳の手紙を受け取った正一は
どいうことなのか・・・上手く飲み込めません
なんで彩佳が乳癌なんですか?
なんで、手術する段になって急に・・・

やっぱり動揺します
あたりまですよね
元気にリファビリの勉強をしてるものと
思っていたのですものね

どうして自分に知らされなかったかなどは
もうどうでもいい・・・

ワシが心配なのは
彩佳の体のことです

彩佳は治りますか?

適切な治療をすれば直る

とコトーから聞いて若干落ち着いた様子はあっても
癌と聞けば誰もが”死”を想像し
意識していまう
志木那島には、余命宣告をされても
頑張って癌を克服した ゆかりさんが居るけれど
でもね・・・やっぱり不安になりますよね?

先生が半年もの間
ワシにこのことを黙っておったことが
残念でならん

先生とワシは・・・
ワシは、先生のことをもっと・・・。

■続きを読む >>

テーマ:Dr.コトー診療所2006 - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.