FC2ブログ
ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
SAVE the FUTURE CO2削減 森を作ろう 
SAVE the FUTUREの特集で、今日は朝からずーっと
NHKでやってたんですがサスガに長くて全部は
見られなかったんですけどね、見たなかでカナリ
CO2削減のいろいろなヒントがありました
すぐに出来ること、記憶しておいていつか・・という
ものとあったけど、なかなか良い番組でした
中でもフードマイレージという言葉があったんだけど
これは、海外から輸入された食品は
輸送の段階で飛行機や船などを使って運ばれるわけで
国内を輸送するより、CO2を排出している食品となる
ということをやってたんですよね
私は、全部ってわけにはいかないけど
近所の安売りのお店は国産の物が多いけど
一応産地を見て、国産を選ぶようにしてるのね
その方が安いし、新鮮だし 何より季節の物が多いから
美味しかったりするんですよね
でも ホント色々なことが便利になって
たとえば、私も通販とかでいろいろな物を手に入れるけど
こうして、季節じゃなくても食べられる
以前は現地に行かないと食べられなかった物が
自宅に居ながら食べたり見たりできることになって
多くの人がその土地に行ってみるという興味が
薄くなってるってのも、悲しい現状なんでないかと思ったり
人の興味や好奇心を育てなくなってる気がしたりしました。

番組の中で、子供達が自分達がCO2削減に努力すると
自分達のグループの風船が膨らんでいくという
削減を目に見えるテストみたいなことをやってたんだけど
その時、番組に出ていた糸井重里さんが僕らが子供の頃は
校庭の石広いなどをしたけど、それに近い気持ちが
子供達の中に根づいて、こいう子達が大人になって
政治をしてくれたら、何かが変わるかもしれないというような
ことを言ってたけど・・・そうなのかも・・って思ったな
校庭の石広いなんて、なんで?って思う今の子達も多いんだろうね
私は中学の時にカナリヤンチャだったから
よく先生に、罰としてバケツ一杯校庭の石拾ってこいって
言われたのを思い出しました ズルして 大きい石を
バケツの下に入れて拾ったふりしたりもしたんだけどね(^^;
精神論的な部分も多い作業なんだけど
でも、なんていうのかな なんでもそこにあって便利で
何もしないでも安全が普通で、何かあれば管理者の責任
安全や便利は欲しいと思った人間がそこで作るということ
それが出来たときに嬉しいと思う気持ち知る子を作る
そいうことが大切なんじゃないかなぁ

鎮守の森
宮脇 昭
4104368016

あすを植える―地球にいのちの森を
宮脇 昭
4620317020

苗木三〇〇〇万本 いのちの森を生む
宮脇 昭
4140811048
[SAVE the FUTURE CO2削減 森を作ろう ]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:雑記 - ジャンル:日記

スイカの皮の甘酢漬け
今日は欲しい本があってAmazonで頼んでも
よかったんだけど、ちょっとすぐ欲しい気がしたので
お店に行ってみたら、店頭の検索マシンで調べたら
在庫は、◎になってるのに、見つからない・・・
お店の人に聞いたら、無いみたいだから注文と言われた
注文なら、Amazonでもいいわけで・・・っていうか
Amazonの方がはやくに手に入るわけで・・・
もう少し自分で探しますと言ってみた
で・・しばらくして別の店員が片付けをしてたので
検索で◎表示になっていても、無いということは
あるんですか?と聞いてみた、というのは
この検索のしるしは、◎ ○ △という表示が
あるので、◎は確実を意味するのに変だと思って・・・
すると 検索コードが2つ存在したり古いままの
登録になってたりするとありえるというお話で・・・
そうですか・・と1人棚に戻ると、その店員さんも
ついてきて探してくれた あった! あるじゃん
やっぱり、当たりハズレがあるんだよね 聞く相手(^^;
いや・・・最初の店員さんは、声をかけたときになんとなく
一生懸命探すという意欲が伝わらなかったんだよねぇ
不思議な?ことにさぁ(^^;   ま、そんなわけで
無事欲しかった本を手に入れることができたのです♪

そうそう、以前スイカの白い部分を食べるという
話しで、味噌汁の具が美味しかったと書いたと思うんだけど
これは、カナリ好評でよくやるんだけど、その後
甘酢漬けを試してみたのです、キュウリの甘酢漬けが
美味しいんだからスイカだって・・って思ったのよね
結果として、美味しいです キュウリより癖がない感じかな?
よかったら試してみてください 少し薄め(5mm)くらいに
カットすると一晩で漬かります♪

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.