ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胴体着陸 エアーセントラル株式会社/ANA
エアーセントラル株式会社
本日、高松空港で胴体着陸


エアーセントラル株式会社は
全日本空輸株式会社
ANA(All Nippon Airways Co., Ltd.)
のグループ企業

今回の事故機は
カナダ産
ボンバルディア社製
プロペラ機
DHC8‐Q400
座席数74席

大阪-高知
ANA1603
8:10(ITM)-08:55(KCZ)
乗客:56人
乗員:4人

けが人:無し

ANA

ランディングギア(車輪)が出ない

ノーズギア(前輪)が出ない

試み
・緊急システム(手動)
・急旋回により前輪を振り出す
・タッチ・アンド・ゴー

上記試すが前輪は出ず
胴体着陸決断

上空で燃料を減らすため旋回
(燃料を捨てるシステムは備わっていない)

乗客の座席を
尾翼付近に座っていた人を前後に移動
ネクタイなどを外させ
衝撃防止姿勢を支持

後着陸へ

天候も悪くなかったし
パイロットの腕もよかったようで
後輪着地のタイミングも角度もよく
その後胴体を着地させるまでの
スピードコントロール等も的確だったようで
着地の状態を見ても胴体が
バウンドするようなこともなく
丁寧な着地 最悪な状態にならずに
良い結果を出せた勝因になったのだと思う。

ANAのHPでの謝罪文も早く
好感もてるかなぁ?


事故など良くない事柄は
奥の方のインフォメーションとかに
書かれてる会社も過去見てきたけど
TOPページにドンと書かれているのは
潔くていいと私は思う。

事故が無いのが一番ではあるのだけど・・・

しかし、ボンバルディア社製
DHC8‐Q400は、導入の平成15年から
77件もトラブルが発生しているという
油圧系など部分的改善はしてきてるようだけれど
77件というのは多いように思うけど
どうなんだろうか?・・・

胴体着陸事故は、今回で4例目?
3例目?

1976/04/19
全日空
高知-大阪
YS-11

1977/08/09
東亜国内航空
千歳-女満別
YS-11

半胴体着陸
1979
東亜国内航空
羽田-南紀白浜
YS-11

↑他にまだありましたか?

ANA


事故と遭遇するのは
宝くじの1等に当たるより
確率が低いなんて
言葉を昔よく聞いたけど

つい先日 私も何度も乗っている
ガルーダインドネシアの事故
そして、今日胴体着陸・・・と言ってるそばから

エア・カナダ
AIR CANADA AC-002
成田(NRT)-トロント(YYZ)

のドア不具合緊急着陸なんていうのも
あったし・・・。

飛んでる便数が増えたせいも
あるかもしれないけど・・・
今回は皆さん無事だったけれど
恐い思いはされたと思います
ビジネス・帰郷・観光など
搭乗目的はいろいろだったと思うけど
よく 機内アナウンスにある

楽しい空の旅を!

人間の体だけでは飛ぶことができない
空の世界を楽しめる 夢の乗り物で
あって欲しいと思います
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。