ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハゲタカ (NHK 土曜ドラマ) 第6回 最終回
NHK 土曜ドラマ ハゲタカ 
第6回 新しきバイアウト 最終回


たった1%が生み出す大きな力と価値

ハゲタカ(上)ハゲタカ(下)
バイアウト 上バイアウト 下
ハゲタカは最後までハゲタカらしい
やり方でという鷲津は
自分の全財産をかけて戦う
最後の決戦

ホライズンで知るお金の価値と力
でも、どうしてもお金では勝てない物を
知ったのは鷲津が
厳しさと割り切りの中でも確実に
今後のビジネスに大きく変化をもたらすであろう
と思うエンディングは気持ちよかったかなぁ

ハゲタカ (出演 柴田恭兵)B000M32ZPS
【ホライズン・インベストメント・ワークス】
・株を一期に買い占める
・大空電機と業務提携
・レンズ部門の売却の話しを進める
・レンダント社にレンズ事業部の売却の話しを進める
・レンダント社からの条件 特定人員の確保ができなくなる

レンズ事業部は最大のお荷物と考えるが
大空電機を買収する最大の目的でもある

【鷲津雅彦:大森南朋】
・重症
・意識不明
・足の感覚を無くす
・リファビリ
・ホライズンの退職書類にサイン

鷲津が受け取る権利のある
36億の分配金は拒否
この理由は、受け取った場合
10年ファンドビジネスには関われないという理由

・鷲津ファンド設立
中延五郎(志賀廣太郎)村田丈志(嶋田久作)
この2人を鷲津ファンドに引き抜く

・大空電機レンズ事業部のEOB
Project Rainbowを立案
希望譲渡金額上限:120億
出資者:
レンズ事業部 253名
他取引先3社
MGS銀行
テクスン社

取引先3社のうちの
三島製鉄所がもってきた
\3,286,427-
という小切手の端数が気になったり
MGS銀行で切ってるんだと思ったり・・・
どうでもいいことかもしれないが・・・

・EOB成功
大空電機レンズ事業部は
あけぼの光学として独立
テクスン社と業務提携

過去の出来事はやっぱり鷲津にとっては
大きな傷で乗り越えるとか
そいう次元のことではなかったわけだけれど
最後に、三島健一(三島製作所社長)の
仏壇にやっとまともに手を合わせられたのは
彼にとって非常に大きな出来事だった思います

【ハイパークリエーション】
・行政捜査
・社長が殺人未遂の疑い

【西野修:松田龍平】
2億金の保釈に対しての考え
初めて?いいこと言った由香の言葉(^^;

お父さんが旅館を守ろうとして
必死でかき集めようとした2億円と
あなたが自分の保釈の為に使った2億円は全然違う
そう言われたことが当初理解できない
金は使う物 金に使われたらおしまいだと
言ってたいた修だけど

金持ちになれってことじゃない
キチンと事業するってことだ
戻ってこい
そう鷲津に言われた言葉は
届いたかな? ビジネスと金儲け
非常に難しいが この微妙な違いが
大きな違い

松田龍平のもう少しインパクトのある
存在になるかと思っていたのだけど
撃っちゃいました!ってな存在くらいで
精神的に鷲津や芝野を追い詰める存在では
なかったかな・・・。 ちょっと残念

【大空電機】
経営者が変わり
内容が変わる
それを社員は納得できない
基本的に買収されるということは
中に居る人間としては納得できない
部分も多いけれど
同じ場所に居ながら転職するような
もんだからね・・・
でも、納得できないのもあわかるけど。

半導体事業部部長
町田重雄らが解雇宣言を受ける
今後英語が必要になり
TOEIC800点以上必要というような
具体的な問題点を挙げられる

牛島(徳井優)が責任を感じてからか
突き上げに耐えられなくなってか
自殺を図る

【塚本邦彦:大杉漣】
どんなに会社は小さくなっても
大空電機を世に残して欲しい


結局彼も自分のプライドだったり
自分の利益や名声に目がくらんだ
次期がありそのツケがこんな形になった
でも、最終的なこの言葉は
結局彼も大木会長の落とし子の1人で
あったということかな

【大賀康夫:松重豊】
大空電気 取締役社長
ホライズン本社の人間であった彼が就任する

顧客重視という原点に戻り
新たな再生プラン掲げるなどと
言っていたけど 所詮綺麗事
雇われでついた地位
言われるがままに動いただけという
イマイチインパクトとして
大きく存在しないまま終わってしまった(^^;

【芝野健夫:柴田恭兵】
フェニックス推進本部 再生担当役員
本部長兼務 で大空電気に残る

実働はコストカッター
波風立てずに人を切れる人間と見込まれた

しかし、人を大量に切ることで
その後の会社の体力が弱くなることを心配する
心配しながらも 言われるがままのところが
彼の弱いところ。
実際に修行期間がロングで必要なビジネスは
順調に稼動したときに人が居ないというのは
痛いところで 芝野の心配は正しい。
ただ、ここが外資の感覚と違うところで
外資としては必要になったら、また以前居た
技術者にお金を積んで呼び戻せばいいという
すごく簡単な発想
でも、超日本人的発想でいけば
自分の首を切った会社になんて
どんなに金積まれても行くもんか!みたい気持ち
このあたりの温度が全然違うので
心配どころが違うと私は思いながら見ていた。

芝野の存在としては
金融マンとしてある意味正統派だった存在
とはいえ、西乃屋の先代との関係では
情も思いいれもあるという部分はもってはいたけど
鷲津との出会いで カナリ気持ちが大揺れに
揺れるちょっと芯が揺らいでしまった存在で
最後、大空の肝である レンズ事業部を救うという
ということに手を貸した形になるが彼は特別なにか
自分から動くという存在ではなかった

最終的には社長という立場に立つわけだけど
彼の性格からするとトップのポジションというより
補佐役の方がお似合いな感じなので
社長より副社長くらいがお似合いな気がするんだが
感覚的には 大木会長のような社長という
イメージで終わったのかな?

【加藤:田中泯】
技術者は自分の腕で勝負している
それ認めてくれるところに行くのは当然だろう


もくもくとレンズを磨き続け
自分の腕に自信がある 非常に技術者らしい
言葉だったが 芝野への挑戦的な言葉にも受け取れた
何故なら 腕で勝負しているだけの人間なら
もっと早くに自分の力を売ってると思うから

あんたら何かを作り出すわけでもないし
価値を見出すわけでもない


そいう加藤はお金を
だだの紙切れ
と言ったのに対し鷲津は

その紙切れの為に
首をくくってしまう人もいる
ただの紙切れと私には言えない


この会話をしているときの
加藤の視線が凄く良い
人の心を見透かすようなそんな視線に
鷲津はメガネをはずす
どちらも引かない視線と視線の対決は
印象的でした

そして レンダントへの移動が
見えている特級技術者達を集
決して押し付けるわけではない
淡々と語る自分の思い

仲間の犠牲の上で作る商品に
希望と誇りはあるのか?
自分達の技術がなんの為に使われているのか
責任を持って感じ続けなければいけない


この言葉が非常によかった
仲間への思いもよかったのだけど
自分達が作っているものどこで
何に使われているかの意識を持つというのは
パーツとして作ってる人達には欠落しがちなのだけど
特にレンズだけと スプリングだけとか ネジだけとかね
でも その使われる先を見つめることによって
今自分がやってることの重要性を感じることにより
責任感が生まれ それが誇りに変わるという
いい言葉だったな・・・。


【三島由香:栗山千明】
視覚的 キャストに女性を
入れてみたかったのかもしれないが
由香の存在がどうも中途半端だった気がする
このポジションがドラマ構成で必要なキーとする場合
ここが男性だったらどうだろうか?
もう少しクライマーズ・ハイのような
重厚感のある硬派な感じが出た気がしないでもない
でも、時に冷たいくらいシビアな世界に
プライベートな精神状態とビジネスの世界に
気持ちが入っちゃう感じは女性の方が
雰囲気が出るということなのか?

結果的には ビジネスにはビジネスの世界が
という中に、人の心に潜む陰 後悔 罪悪感
みたいな物との戦いの中で それぞれの立場の中で
それぞれに心を優先しているという流れからすると
これはこれでよかたのか?

由香もビジネス的にはマスコミ関係者で
あるまじき行動を取りまくりだしね・・・

身内なんです中に入れてくださいなんて
言ってたし
結局鷲津が好きだったの?みたいな感じ?(^^;
彼女のポジションは今回のドラマの中では
ジャーナリストという存在よりは
女心的です♪みたいな感じが私の中ではするかな
個人的に、視覚的にも好みの顔ではなく(^^;
彼女が居なくてもぜーんぜん問題なかったです(^^;

【鷲津雅彦(大森南朋)VS 芝野健夫(柴田恭兵)】
最終的に手を組んだわけだけど
どちらかが勝ったかというと
非常に微妙な関係 それぞれに弱さや
迷いがある中助け合ったという表現になっていた

でも、2人を比べると
鷲津の方が頭が廻るし行動力もある
何より自分に必要なブレーンを周囲に
そろえるという 最終回で
中延と村田をつけてるあたりも
ぬかりがない

私の個人的な総合評価は
鷲津が勝利だな

【キーワード】
エンプロイー・バイアウト
EBO
employee buy-out

自分達の会社や事業部門を株主から
従業員が中心となって
買い取り独立する行為


マネージメント・エンプロイー・バイアウ
MEBO
Management Employee Buy-Out

経営陣と従業員が一緒に行う場合

マネージメント・バイアウト
MBO
Management Buy-Out

経営陣が買い取る

===

なんだかなぁーと思う部分もあったけど
登場人物の1人1人の人物像が
キチンと作られている感じがあった
修のヘルメットにはB型とかかれていたけれど
他の人のことは出てきてたかな?
私としては
鷲津が0型
芝野はA型
ついでに言うなら
由香はAB型ぽくもあるがO型風味(^^;だったかな

投資という世界は私には程遠い部分があるけど
会社が買収されるのも
会社を買収するのも
経験があるので(^^;<私が買収してるわけじゃないが
なんとなく 買収されたときの一社員の
様々な心の動きがよく描かれていたなぁと
感じました。

よく出来たいいドラマだったな~

**********************
ハゲタカ 関連記事
**********************
■ハゲタカ 第0回 DATA-MEMO
■ハゲタカ 第1回 日本を買い叩け!
■ハゲタカ 第2回 ゴールデン・パラシュート
■ハゲタカ 第3回 終わりなき入札
■ハゲタカ 第4回 激震!株主総会
■ハゲタカ 第5回 ホワイトナイト
■ハゲタカ 第6回 新しきバイアウト 最終回


■ハゲタカ ダイジェスト情報

テーマ:ハゲタカ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
さすがにドラマ解析が鋭いですね・・

「ハゲタカ」がタイトルだから、鷲津が主役で芝野は脇というか準役で良いでしょう

三島由香の存在・・・・
やはり一人ぐらい女性がいないと寂しい
知的な栗山千秋を起用してたから
問題ないと思うし、私の好きなタイプだから、由香を外さないで下さい(笑)

でも最終回で一気に、日本的というか
浪花節的な筋立てになってしまったような気がします。
初回に三島さんの葬儀で土下座したシーンを思い出して、こうなるべき最終回かな
想像してたが、やはり・・・でした。
鷲津は本来は浪花節人間だった。

松田の旅館の息子から IT起業するところが描かれてないから、尚中途半端に

でも良いドラマだったし、映像も青みがかって内容にぴったしだったと思う。

何度も言うけど
栗山千秋の横顔のアップは最高(笑)
2007/03/26 (月) 22:47:32 | URL | hissy #pdUjqbXE[ 編集]
>hissyさんへ
>由香を外さないで下さい(笑)
>栗山千秋の横顔のアップは最高(笑)
あははははは
私には価値なかったんだけど(爆
hissyさんみたいに絶賛した人は
いっぱい居ると思うので
起用価値はあったのだろう(w

>日本的というか浪花節的

こう受け止められれば
このドラマを作った側からすれば
OKなんでないかな?

その浪花節なところがなければ
鷲津はホライズンを首になるようなことは
なかったわけで 彼のベースが
外資向けではなかったのだと思う

ただ、外資で培った物は
彼の財産 その財産を持って
日本法人であろう鷲津ファンドを
立ち上げたってところが
日本ファンドVS外資ファンド
って感じで面白かったところだと思う
結果的に 今回は日本人の心を
汲んだ戦略で勝てた部分もあると思うのでね

実際こうはいかねぇ~
みたいな部分もあるけど
最後の1歩 ドラマ的に言えば
最後の1%が動かせるかどうかで
勝ち負けが決まるとなると
日本をターゲットとしたファンドは
今のところ アランに君はまだ
何も見えていないと言った言葉が
それに当たり 鷲津が勝てるという
近い将来の勝利宣言じゃないのかな?
2007/03/27 (火) 00:14:47 | URL | Lady-e #-[ 編集]
栗山千秋は千明だった(笑)

レンズ部門のペンタックスとサムスンが
モデルみたいだし・・

大空電気は今まさに三洋電機のようだ
きょう、創業家の社長も退陣すると発表
された。

>会社が買収されるのも
>会社を買収するのも
>経験があるので(^^;<私が買収して>るわけじゃないが

「華麗なる・・」のレビューで書き込みしなかったけど
私の会社も
阪神特殊製鋼が倒産したから
系列会社が、あちこちに保有してた基地(倉庫・港湾免許等)
を全て権利を譲り受けた(人材含む)
皆さん良い人ばかりだったけど
やはり私の会社の方針に合わない・・を
理由に殆どの人が辞めていった。
もちろん帝国製鉄の裏指示ありだったけど
丸儲けしたような状態で倒産太り・・と
同業社に言われた頃に私が入社。
2007/03/27 (火) 23:34:47 | URL | hissy #pdUjqbXE[ 編集]
>hissyさんへ
Jugemの方は全部治したけど
FC2は過去ログメンテ面倒だから
この記事だけ直した>千明

レンズはどうだろう。
ロケはペンタじゃなくてフジノンだよ(笑

買収されるのも
買収するのも
いろいろトラブルはつきものだからね
全然違う契約条件だった人が
同じ会社になるわけで
日本企業が日本企業を買収するのが
一番めんどくさい。

外資に売られる場合は
非常に簡単(^^;
というのは、あちら側がサッパリすっきりしてるからね
条件はこれ それでも来たいと思うなら
サインしてってね
でも、この本人の意思みたいなこと
いわれて同様するのが
日本企業 しかも終身雇用を期待し
入社した人達だったりするかもな
2007/03/28 (水) 02:26:27 | URL | Lady-e #-[ 編集]
>hissyさんへ
>倒産太り

経営者として
この期待は0ですと言ったら
ウソになると思うよ

いいんじゃない?
倒産宣言するにはデメリットもあるけど
メリットを求める次期に宣言するのも
経営だから

2007/03/28 (水) 02:29:16 | URL | Lady-e #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。