ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 チーム・バチスタの栄光
映画 チーム・バチスタの栄光

不定愁訴外来(通称『愚痴外来』)勤務の
やる気が無いというか向上心が無いというか・・・
よく言えば 大学病院という場所で
何故か出世欲が全然無い田口が
ずっと連勝し続けていたバチスタが
突然3例の失敗が立て続けに起きてしまい
その調査の依頼を院長から受けた・・・という
ところから始まるのだけれど

私は、今原書を読んでいて・・・でも
読むのがすごーく遅いので(^^;全部読み終わるのを
待っていると終わってしまいそうだから
本の方で白鳥が出てきたところで映画を見てきました。

映画は、手術室からのスタート・・・。

うーん なんか違うなぁという感じがしたのが
第一印象かなぁ・・・
本は、結構硬派なんだけど、映画はコメディーの
ジャンルに入れても良いんじゃないかと思います
そうするとしっくりくるかな・・・
ベースになるストーリーは同じだけど
全然別物 視点が違うという感じがしました。

本で私が面白いと思っている部分は
田口は男なんですが、この人がとても面白い
自分の発言の分析 自分が発した言葉が今後の展開に
どう影響し、どう流れが変化するか・・・などを
そのたびに 考えているそんな人だからこそ
このバチスタの失敗が何故か?という部分を
追求できるのではないか?と繋がる
本では、院長が直接指名してますが
映画では こいう田口の人間性を表現が殆どないので
有働教授の替わりに引き受けることになっちゃった
って感じになってます。

■■ 続きを読む >>

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。