ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホカベン 第2回 戸籍法 第107条
水曜日 10時 日テレ
ホカベン 第2回


武器:戸籍法 第107条

気になる、落としたバッチは警官が拾っていた(w
警官→杉崎→灯

それ(バッチ)が無きゃ
誰も、オマエのこと弁護士なんて思わないだろ
超うける~~~ ナイス突っ込み<杉崎先生♪

享子(富田靖子)は、灯(上戸彩)に失望し
頼るところがなくなり、夫・和彦(阪田マサノブ)を
刺してしまいました。

こんなことをしてしまえば
自分は塀の向こうに行くことになり
そうなれば、子供の養育は、どうなるか考えなかったのか?
少なくとも、夫が死んでしまえば、子供を夫から守ることには
なったと思うけれど、夫から逃げられても
子供はずっと人殺しの子 といわれ続けることになるという
事には結びつかなかったのだろうか?
どちらが良いという次元ではなく
どちらも子供にとっては不幸なことで
もう少し考えて欲しかったと思うのだけど・・・

弁護内容:離婚
担当弁護士:堂本灯(上戸彩)
相手弁護士:浜田(石丸謙二郎)
依頼人:池上享子(富田靖子)
     娘真希(石井萌々果)

理由:
ギャンブルに嵌って
生活費を入れてくれないのが理由

現在:
享子は、和彦を刺してしまい 
拘留中

精神的に追い詰められるということは
こいうアホな判断が突発的に起きてしまう可能性を
持つ人がいるということなのでしょうね。


■■ 続きを読む >>


テーマ:ホカベン - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。