ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 ガリレオ 容疑者Xの献身 見て来ました
映画 ガリレオ 容疑者Xの献身

ぼんやり見てた私としては面白かった
でも、どこに答えがあるんだ?と
必死で見てた人にとっては あっさり答えが
出てしまう作りでもあったかもしれません

途中で、必ず多くの人が あれ?って思う
シーンがあるので それが答えです。

当初の想像では、湯川学(福山雅治)と内海薫(柴咲コウ)の
無駄なラブ表現が多いのかと思っていましたが
その想像は全然違いました

ガリレオではなく、容疑者Xの献身
考え方では全然別物でただ
内海も居るし草薙(北村一輝)他
ドラマに出てきたキャストもちゃんと登場するのですが

お話としては、天才物理学者 湯川学(福山雅治)と
天才数学者 石神哲哉(堤真一)がメイン
物理学者は仮説を立てて実験で答えを出し
数学者は頭の中で様々状況を想定し答えを出すという
まったく違ったタイプの天才2人でその視点は
実におもしろい(笑)
ちなみにこの2人は同級生という設定です

無駄なキャラクターが殆どいません
目を引く大掛かりな実験をする為?
最初にメインの事件とは異なる
クルーザーが沖で爆発するという事件が起きます
この時のニュース放送でコメンテーターとして
石坂浩二さんが登場してるのが ちょっともったいない
登場というか友情出演?
それから、嬉しいか嬉しくないかはわかりませんが(^^;
リリーフランキーさんが草野球の監督という
超チョイ役で登場するくらいが無駄キャラかな
あ~ 弓削もドラマの時から無駄キャラだけど(^^;


■■ 続きを読む >>

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。