ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画 MW -ムウ- 観てきました / 沖之真船島の毒ガス
映画 MW -ムウ- 観てきました

うーん そうね 映画のストーリーとしては 
もうひとつ?ふたつ?という感じかな

MW(ムウ) オリジナル・サウンド・トラック
池頼広 矢崎恭子
B0027GJJ98



タイでのカーチェイスはカナリ見ごたえあって
映画館で見てるのに スゲーって声にしそうでした(^-^;

全体的に緊張感はある映画でしたし
タイトルバックやエンドロールも
凝っていて世界を見たつくりに
なっていた気がしますが・・・

16年前 島民が600人ほどの小さな沖之真船島で
突然1夜にして島民が死んでしまうという事件
毒ガスによる死亡ではあったのだけど
それを目撃した人間も殺されてしまうのだけど
生きていた子供2人がなんとか生き延びる
それが、現在、LA新世紀銀行のエリート結城美智雄(玉木宏)と
神父の賀来裕太郎(山田孝之)、しかし
結城は、あの事件からモンスターとなってしまったのです
生き残ってる人間を銃殺してるその中で
亡くなった母にすがってないていた賀来を
助けた結城は、この時にガスを吸ってしまい
現在後遺症があるようで、自分の命はそう長くないと感じながらも
16年前の事件を政府が隠蔽したことで 国・・・世界を相手に
復讐を企てますが この復讐がなんとも残虐です


■■ 続きを読む >>


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
2009/07/15(水) 16:46:57 | 粋な提案
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。