ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼ドラ Xmasの奇蹟 青の月 赤の月
昼ドラ フジ
Xmasの奇蹟

もう終わってしまったドラマですが
フジの昼ドラが結構面白くて見てました

見始めたのは、温泉へGo!にも
村修成役の岡田浩暉さんが結構好きだったりした
こともあって、おっ!と目を留めた番組だってこと

あとは、サントラの青の月と赤の月が
とっても良い曲だったので
音楽が聞きたくて見てたという部分もあります

ストーリーとして、交通事故で死亡した恋人
その人が堤浩志 温かいピアノを弾く人なのだけど
越川博人(大内厚雄)との過去の事故の負い目?が
あってピアノは控えてディレクタをしてました。
でも 実は彼にはヒミツがあって
彼が出がけているXenoというピアニストは
浩志本人だったのですが
妻の直にXenoが自分であると伝えようとしていた
Xmasのコンサート前に亡くなってしまったのだけど
心残りが多かった彼は、同じ時に事故にあった
林田健(窪田正孝)の体に魂が宿ってしまったのです
健は、サッカー少年だったのだけど
浩志が宿ったことで健はピアノが弾けるようになってます
健は魂が宿っただけではなく自分が健の体を借りた
浩志だっていう認識もあったのだけど
他人に自分が浩志であるということが知れてしまうと
消えてしまう(ようだ)
それから、なるべく人知れず直を見守ろうと
していきますが・・・最終的には
浩志は、自分が自分であるということを直に知らせたく
消えてしまうことは覚悟して、直に思いをつたえ
姿現し消えてしまうというような流れでした

まぁありそうなストーリーでは
あったりしますが音楽の力もあって
よかったなぁと思ってます
また見たいかもしれないな

Xmasの奇跡 オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ

B002QVBYQ0


■■ 続きを読む >>


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。