ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獣医ドリトル 山梨の木
獣医ドリトル 山梨の木
TBS 日曜劇場
獣医ドリトル


ドリトルは、小説ドリトル先生から来てるわけではなく
鳥取をトリトルと呼ばれたところからついたアダナらしい(w



鳥取健一役の小栗旬くん、
多島あすか役の井上真央ちゃんの出演他
いろいろな場所で感じられる
花男チーム?が作成なドラマ”獣医ドリトル”


ペットブームで安易にペットを飼い(買い)
ペットを家にくわえるということは
どいうことなのか?ということを
考えさせられる今日この頃

ペットとなった動物は、家の中ではどいう
存在であるべきなのか
社会での存在はどいう立場なのか?

病気になったときにかかる費用
動物を生活させるための費用などの表現が
あったり、なかなか興味深いです

1話では、動物訴訟の件で
どんどん、自分達の頼るべきゾーンを
狭くしていることが表現されましたが
人間界でも同じことが言えるなと感じたりするのでは
ないかと思ったり・・・
見る人の見方感じ方によっては
ペットを飼ってる人だけでなくいろいろ考えることが
できるドラマとなっているんじゃないかと
期待できるものでした。

今回の一番のセリフは

お父さんに無理な希望でも
僕が頑張ればできるかもしれないじゃないか

という六田徹(伊澤柾樹)の言葉
無理、できないという 判断は
個人の感じ方であって
自分の物差しで物事を決め付けてしまうことは
いろいろな事柄の可能性をなくしてしまうこと
当たり前のことだけど、再度認識することが
できた言葉でした


あと、今後見ていきたいなぁと思ったのは
佐久の美しい風景でした
とっても印象的な”山梨の木”
ちょっと見たところでは あまり傾斜がある
場所ではなさそうなので、撮影するアングルは
クレーンカメラかなにかを使ってるから
得られる映像だとは思いますが
行ってみたい気がしました


■■ 続きを読む >>


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。