FC2ブログ
ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
地震チェックと準備
私が日ごろから、ディスクトップにアイコンを置き
頻繁にチェックしているサイトは
http://www.tenki.jp/qua/index.html
http://www.hinet.bosai.go.jp/

Hi-netは、情報発信が非常に早いのだけど
ちょっと見にくいかな?
常にどこかが揺れてるからっていうのもあるのだけど
tenki-jpは、見てる人も多いのか
地震発生後すぐには繋がらなくなる場合も多いけど
比較的に揺れのエリアとかを確認するには
わかりやすいです。
離れた場所に住む人が気になる方で
だけど、電話するのは?という方には
こいうサイトでチェックをして
状況により連絡を入れてみるのはいかがでしょうか?
地震直後は、電話回線とかも混雑しますし
大切な人との連絡ができなくなってしまう可能性もあるので
少しだけ、心配する気持ちを我慢することも
必要かもしれないです。

あとは、連絡系統を1本にして、伝言という形で
友人知人には伝達する
メーリングリストなどを使って連絡するなどとということも
アイディアかもしれないです。

これだけ大きな地震だと
余震がある可能性が非常に高いので
現在電気系統は大丈夫のようだけど
電気が切れると水も上がらなくなるので
水は、汲み置きましょう
お風呂にも水をはっておきたいですね。
お風呂のお水とかは、最悪の場合水洗トイレとかでも
利用できます。
トイレは、通常バケツ5杯が流れる設計といいますが
手桶1杯でも充分流れます
最悪の事態の時は、手桶を利用して小量の水で流すことができますから。

常備薬他は、家の外にあらかじめ
出しておいても良いかもしれないです。
コンテナボックス、車などを利用して
そこに入れておけば、雨からも守れます。
私も、ザックとか家の中においているんですが
意外と実際揺れたときにそのザックを手にしているかというと
手にしている心の余裕がなかったりするのが
現状です・・・。
心配しすぎかもしれないですが
こいうことは無駄になっても良いと思うですよね
あくまでも、イザという時の為なのですから。

今回プールで被害にあった人がいるようですが
そこに居た子供達
プールが嫌いにならなければ良いのだけど・・・。
精神的なケアも考えていきたい問題です。

テーマ:地震 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
宮城県といえば、1978年に発生した大地震があった。この地震は東北沖のプレート境界で、今回発生した震源と同じ位置にある。宮城県沖では、平均37年の間隔でM7・5前後の地震が発生してきており、前回の宮城県沖地震から約27年が経過していて、M7級の大地震につなが.
2005/08/16(火) 20:18:31 | One And Only
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.