FC2ブログ
ALBEDO 0.073
ALBEDO 0.073 それは・・・月の反射率
クライマーズ・ハイ(前編)
土合駅(どあいえき)
暗い奥深いトンネルの中にある駅
そこに男の足が降り立った

2005年8月12日
土合駅のホームから日の光を見るには
486段の階段を登らなければならない
慰霊登山はここからはじまる

クライマーズ・ハイ

クライマーズ・ハイ
1985年8月12日起こった
日航機墜落事故を報道する
架空の地方新聞の1週間をもとにした物語
でも・・・とても架空とはいいえないような
作りになっていました。
下線をつけた単語は、位置を確認する為に
その場所の地図URLをリンクしました

2つの山

それは、谷川岳一ノ倉沢(たにがわだけ いちのくらさわ)
そして、日航機事故

登山をする悠木(佐藤浩市にとっては
この2つの山が同時に目の前にはだかった。

安西お前どうして、山に登るんだ?
降りる為さ 降りる為に登るんさ


そい言った安西耿一郎(赤井英和)の言葉が
印象的だった。

”山がそこにあるから登る”

このフレーズはよく聞くわけだけれど
降りる為に登る
やけに説得力のあるセリフだったな。

”山の空気に触れれば
皆、正直者になれる”


山の壁面で休憩しながら
言った安西耿一郎(赤井英和)の言葉も
印象に残りました、年を経てから
安西の息子の燐太郎も
非常に似た言葉を言いました

山に入り、1つ気を抜いたら命が無いかもしれない
そんなシュチュエーションと
神々しいほどに立ちはだかる壁面を
吹き降ろす風は、人から邪気を取り払うのかも
しれないですね・・・
NHK土曜ドラマ”氷壁でも
ちょっと似たような感覚を番組から受けたところ
あったかもしれない。

=======

1985年(昭和60)08月12日
18:56 御巣鷹山(おすたかやま)に日航機墜落



1985年(昭和60)08月12日
前橋市
北関東新聞社


13:05
グリモリ(グリコ森永事件)の話しをする

14:00
安西耿一郎と明日からの一の倉沢から
衝立岩アタックの予定を話す

18:56
何事もなく過ぎる

19:2?頃
田沢の席の電話のベルがなる
悠木が出ると相手は田沢
ジャンボが消えた
という情報を伝える

19:25
そろそろ退社したいと
追村忠士に話しをする

日本航空の機影がレーダーから
消えたとテレビで放送される
羽田発 大阪行 123便  18:04出発

ピーポーピーポー
共同通信 社会番外
日航ジャンボ機が
横田基地北西90Km地点で姿を消した
という社内放送が入る

ピーポーピーポー
共同通信 社会番外
運輸省の情報 社会番外
日航123便 埼玉長野県境でレーダーから消えました

チャイム音
共同通信 ニュース速報
日航123便 長野群馬県境に墜落した模様
乗員乗客:524人

単独飛行事故としては
世界最大!!
であることがわかり
新聞社は騒然となったところで

悠木は粕谷編集局長に
全権デスクを言い渡される

17:28?
墜落事故のニュースがテレビで流れるが
佐山の情報では
埼玉長野どちらに墜落したのかが
わからないと連絡

上野村現本(現場本部)が置かれることは
情報が入ったが・・・。

21:30
詳しい情報は入ってこない
ジャンボ機の事故の雑感部分を余白に残し
新聞記事は準備される

71年大久保清事件
72年連合赤軍事件
(山岳ベース事件、あさま山荘事件)
過去自分達が関わった大事件のことを
思い出している
唯一大きかった山・・・。

県警は群馬側不動峠で白煙があがっていることを確認と
佐山より連絡があり
彼らは現地に向かった

22:23
現場発表がテレビで流れる
10:05南佐久群南相木村に機体の破片が

見つかったという内容だった。

朝刊印刷の準備をする時間は迫る
だが、連絡は何も入ってこず

・群馬長野県境の山中
・長野群馬県境の山中


どちらのタイトルにするか稲岡信也(整理部長)に
問われる・・

悠木が選んだのは 後半
長野群馬県境を選び

輪転機は動き始めた。

8月13日
05:47
戦闘再開ののろしは、テレビが上げた
テレビニュース
上野村上空からの撮影
標高1416m 機体の残骸が映し出された
御座山(おぐらやま)から東15Kmの
山のなか・・・
※近くに標高がここより低いけど小倉山という場所もあるので
 どちらの意味のアナウンスかわからないです・・・
 上野村のおぐらやまは、小倉山で 御座山は長野だけど・・
 でも東にあるのは御座山・・・。

チャイム音
共同通信 ニュース速報
日航機墜落現場は上野村山中

10:05
佐山が昨夜掴んだ情報が正しかった
テレビ発表に踊らされた情報は
全然違い、群馬側の御巣鷹山(おすたかやま)ということが
わかった

11:30
安西が病院に運ばれたことを
知る・・・。
衝立か?

心配してる間のもなく

チャイム音
共同通信 ニュース速報
日航機墜落現場は
生存者4人が発見

13:30
生存者が自衛隊のヘリで吊り上げられるところが
テレビで放送された

その頃佐山達は、山の中で
川の水を飲みながら、自衛隊のヘリが飛び立つところを
見上げていた。

16:00
現場雑感は 現場にいる2人の物を載せたいと
悠木は考えていたが・・・

テレビ映像を見ながら雑感を書く田沢
その現場雑感を握りつぶす
自分たちで実際に見ず
共同通信の書いた雑感に継ぎ足しの
文章を書いてどうすると 吠えたときに

佐山達哉、田沢直人(社会部デスク)
らが現場に居るところがテレビに映る

23:58
締め切りまであと1時間・・・
佐山からの連絡が入ると信じていた
悠木が知る・・・。
締め切りがいつもより1時間早いということ・・・
輪転機不調によるという・・・
粕谷、等々力らの陰謀か・・・

1:00前
ボロボロになって上野村に降りてきた
佐山からの電話が入る
電話で雑感を送ってくる

”墜落の現場は、ひとことで言うなら戦場だ。
映像でしか見たことがない惨状だ
いま、目の前に広がっている。
しかし、ここにある全てが現実だ。”


迫力のあるその雑感だったが
それは新聞には間に合わない
だが、書き留める悠木は 乗らないことを
佐山に知らせることはできなかった。

8月14日
11:00
やっと悠木は帰宅したが
シャワーを浴びてすぐに出かけた。

13:45
出社すると望月彩子から電話が
あったというメモがあった

そのメモを見ている時に
佐山らが戻ってきた

雑感を落としたことに不満をぶつけるが
悠木は、何十行でも乗せるから
改めてきちんと読ませろという

雑感を書き始める佐山

15:00
書き終えた佐山の原稿は
新聞記事とは思えない内容だった

若い自衛官は仁王立ちしていた
両手でしっかりと小さな少女を抱きかかえていた
赤いトンボの髪飾り 青い水玉のワンピース
小麦色の細い右手はダラリと垂れ下がっていた

自衛官は天を仰いだ
空はあんなに青いというのに
雲がぽっかり浮かんでいるのに
風は悠々と尾根を渡っていくのに

自衛官は地獄に目を落とした
そのどこかにあるはずの
女の子の左手を探してあげねば
ならなかった・・・。


21:15
あがってきた新聞の原稿を見ると
佐山の記事が一面トップにはなかった

悠木は等々力に抗議
その後
次長・・・そして社長に抗議するが
1面には載らなかった

理由は新聞が自衛隊のPRをしてやることはないから
次長も社長も佐山の記事は1面にしないというが
悠木には、どうしてても この大きな山を
嫉んでのことじゃないかと想像していたようだ

8月15日
01:15
ひと段落し?
飲み屋に行く
悠木、岸、田沢、等々力

怒った悠木は等々力に抗議をする
理由はトップの意見もあった
自衛隊ネタをトップにするわけがない・・・というが・・・。

社長室にまで次長を追っていく
悠木・・・。

全権? そんなものは言葉と
結局 悠木に与えられていなかった。

日航機ジャンボ墜落は
忘れてはならない事故の1つだと思うので
後編はどうするかわからないですが
前編に関しては
細かく時間を追って書いてみました

ドラマの中で放送されている
テレビ映像は、実際にその時に放送されていたもの
流していたりするのもあり
非常にリアリティーがあった

全体的に映像的には派手さはないけれど
それがまた良い
細かい小道具(灰皿や砂糖入れ電話など)まで
あらゆるところに拘りを見せてくれた
だからよけいに、ドラマの中の墜落の時点での
放送がリアルな感じがあった。
新聞社でデータが送られてきていたのは
あれは、FAXでいいのかな・・・
TELEXではないよね?
移動電話(携帯電話)や無線機の話しが
出ていたのもちょっと私にとっては印象的でした。
#伝書鳩の餌やりの話しもね(笑)

あの事故があった当時、御巣鷹山には
まだ登山道などはなく、映像のように
道なき道を行くという状態だったから
捜索他が大変だったという
陸からのアプローチはあまり時間的には
緊急性の救助という意味では
役に立たないから、空からの捜索救援という
状態だったのも搬送などにも苦労があった

実際、あの墜落した時点では
まだ生きていた人もいたはず・・
どこかで読んだことがあったと思う
はじめは声を出し合ったが
答える声が聞こえなくなった
とき
亡くなったんだ・・・と思った
という生存者の記事が。

佐山の雑感や神沢口にしたように
現地は本当に遺体がバラバラで
パズルのように遺体を組み合わせる
そんなことでもできればまだマシで
どの部分かもわからない肉片が飛び散った
その場所の話しは
彼らが言ったり書いたように
現場などではなく”地獄”だったのだと思う・・・。

この事故の一番辛いところは
もちろん亡くなった方が多かったということもあるけれど
後に、遺書のような物が見つかっていたはず
飛行機はイキナリ墜落したわけではなく
ダッチロールをして・・とあったはずで
その間味わい続けた恐怖
その思いを考えると とっても辛く痛ましい事故であり
事件だったと思っています。

そして、ドラマは新聞社内での話しだけれど
事件を追う 他社より先に抜きたいという
気持ちがあるはずなんだけど
でも基本的には、個人が抜きたい
そして自分の手柄を存続させたいというような
嫉妬や僻みがモロ出ているところも
らしいような気がします
気の毒と思うつもり他があっても
”涙を誘え”悲惨な出来事はより悲惨に表現する
それが読者の求めるところ
うなっちゃうけど、実際にはそうなのかもね
人って芯の部分では残酷な生き物なのかも。

そして、時代的にも上下というものが
今以上にあるため
絶対服従的なムードをを見せた

この時代に一線で働いていた者達が
強いのは、こいう非情な部分に
耐え抜き、力をつけ、のし上がる
そうしなければ上にはいけない時代だった
だからなんではないんだろうか?
今生きる人間達が弱いのは
なんでも与えられてしまったり
チャンスを自分から掴む人よりも
チャンスをもらえるのを待ってる人が
多いからかもね・・・。(人のこと言えないけど)

悠木は、子供の言葉に怒り
鼓膜が破れるほど殴ってしまった
息子のことも気がかりだけど
家族のために留まった自分
でも、改めて考えると何も
自分では守れなかったと感じる悠木は
まだ今回では、クライマーズ・ハイにはなっていない
来週 後半どのようにまとめてくるのだろう?
悠木の心はどう変化し
周囲の人達がどう感じて終わるんだろうか?

前編を見終わって
本当に満足
すごくいいドラマを見させてもらった
良い意味で1時間15分という放送時間が
それ以上の内容が私には感じ取れる物でした

前編だけで1週間以上語れそう
そんな感じかな・・・。

■ クライマーズ・ハイ DATA-MEMO
■ クライマーズ・ハイ(前編)
■ クライマーズ・ハイ(後編)

■ 御巣鷹山
コメント
この記事へのコメント
トラバできなかったので…
初めまして。正衛門と申します。
日航機墜落事故について言及されていたので、
トラバさせていただこうと思ったのですが、できませんでしたので該当URLを記しておきます。
よろしければお立ちより頂けたら幸いです。失礼致します。

日航機墜落事故の真相
http://d.hatena.ne.jp/thyself2005/20061004/1159905303
2006/10/04 (水) 05:39:32 | URL | 正衛門 #6/fnSqPs[ 編集]
アラララ!!
クライマーズ・ハイは初見でしたか・・

確か去年の末に放映して
今年になって衛星で再放映してて
今回の放映なんですよ。

横山秀夫原作の本も良いし・・・
(半落ち・・も、そう)

地元新聞社の緊張した雰囲気が良かったでしょ。

日航内部からの描いた、山崎豊子原作の「沈まぬ太陽」をドラマ化の噂があるんだけど
高度な政治的判断(いわゆる圧力)で
無理かな・・・・
現役政治家が絡んでくるから
2006/10/04 (水) 22:23:30 | URL | hissy #pdUjqbXE[ 編集]
>正衛門さんへ
TBできませんでしたか・・・
すいませんm(__)m

URLありがとうございました
お邪魔いたします
2006/10/05 (木) 17:21:47 | URL | Lady-e #-[ 編集]
>hissyさんへ
そうなのよ(^^;見てかった。
BLOGお友達が見ていて
すごくよかったと聞いて
DVD?って思っていたら
ちょうど、再放送があると聞いて
こりゃーみないと!と気合を入れたわけです

クライマーズハイになる部分においては
来週かと思うんだけど
日航ジャンボの話しは
是非残しておきたいから書いてみた
このドラマは 時に触れ
何度も放送してもいいんじゃないだろうか?
そう思うドラマだな・・・

沈まぬ太陽ね・・・どうだろう
現役がいるとなるとまず無理だろうね・・・


2006/10/05 (木) 17:25:13 | URL | Lady-e #-[ 編集]
ありがとうございました★
昨日は当ブログにご訪問ありがとうございました。
レスでも書かせてもらいましたが、fc2とは元々相性が良くなく?トラバはできないんですw
なので今回コメントにURLを添えさせて頂いたのですが、ご訪問のみならず、長文のコメントを頂け嬉しく思います。
こちらはあくまで映画の内容についてですし、自分のブログ、レスで書いた以上に映画と事実を結びつけることはしませんが、とても興味深い映画の見方をされてるのかなって直感的に思いました。
もちろんまだこの記事しか読んでいないのですがw
クライマーズ・ハイの内容なのですが、トラバして頂きありがとうございました。
当ブログを訪れ、各々のトラバを覗かれる方にとって、この記事も有益な何かになると思います。
2006/10/06 (金) 01:36:46 | URL | 正衛門 #6/fnSqPs[ 編集]
>正衛門さん
度々のカキコありがとうございます
TBの相性とか悪い場所って
たまにありますよね

コメント残していただけて感謝です

あれ?正衛門さんの記事は
映画の記事だったんですか?
私てっきり 事故の記事ということで
読んじゃいました・・・
2006/10/07 (土) 17:23:43 | URL | Lady-e #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/10/09 (月) 02:03:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ALBEDO 0.073 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.